ダイビング体験談in沖縄

沖縄でダイビングをしたときの感動体験をつづっています。 - 沖縄の海で観察できる生物たち

沖縄の海で観察できる生物たち

ダイビング中、一番の魅力は、なんと言っても色鮮やかな生き物たちです。中には触れあえる生物たちもいます。
特に沖縄の生物たちは、ダイバー慣れしているので、人懐こく寄ってくることも!
ここでは主に、初心者向けの生き物たちを紹介させてもらいます。


体験ダイビングは基本的に泳げなくても問題なし

沖縄 ダイビングは、基本的には泳げなくても心配はありません。
ダイビングは泳ぎのスキルがなくても、大丈夫なのです。
ただ一番心配なことは、マスクに水が入ってパニックになることです。
マスククリアといいますが、その手順はマスクを付けるときから注意しなければなりません。
マスクをつけるときに、髪の毛などがマスクと顔の間に挟み込まれていないかどうかを確認します。
他の人に見てもらうというのも、確実性が高まりますね。
髪の毛が挟まっていれば、そこに隙間が出来て、水が入り込んできます。
他の理由で水が入ってくることもありますし、雲ってしまうこともあります。
それをきれいに治す必要があるので、このマスククリアの方法は、ちゃんと体得して置かなければならないのです。

マスクに水が入った時は

水が怖いという人にはちょっとばかし難儀かもしれませんが、練習することでパニックにならないようになりますよ。
水をマスクから抜いたり、曇りを取るには、顔を正面にむけ、レギュレータから吸った空気を鼻から吐くようにします。
両手でマスクの端を持って、空気を鼻から吐き続けながら、マスクの下側に隙間を作ります。マスクの中にある水は、鼻から吐いている空気が押し出してくれます。
沖縄には体験ダイビングがたくさんありますが、この練習をたくさんさせてくれると助かりますね。

沖縄はダイビングスポットが、大変に豊富

沖縄はダイビングスポットが大変に豊富です。
なにが見たい」「どんな経験がしたい」というビジョンがはっきりしていればそれに近いダイビングスポットがあるというのが沖縄です。
しかしこれが体験ダイビングとなれば深さの規定がありますので、どんなところでも潜れるというものではありません。
大体10メートル前後のスポットとなるでしょう。
浜辺から歩いて行ったり、岩場から海に降りたり、ボートから海へ、もしくは離島に船で渡るなどのプランがあります。
それによって値段も様々ですし、所要時間も違います。
なので「どういう内容で行われる体験ダイビングなのか」ということをきちんと調べていかないと、「予想していた時間よりずっと長くなってしまった」とか、「見たい景色ではなかった」などということもあります。
また安ければいいというものでもないので、検討しなければなりませんね。

体験ダイビングでは手軽さはありますが、自力で潜れるようになるというモノではありません。
もし体験ダイビングで海の魅力に取りつかれたら、こんどはライセンスを取得するというのもいいでしょう。
自分で潜れるようになると、もっとステキな沖縄を体験することができます。
深い海も、透明度があるので大変キレイです。

更新情報

ページ上に戻る